車買取や車査定で車を売る時には比較したいと思いませんか?このサイトでは効率的な方法を紹介しています。

MENU

車査定の流れをあらためて確認とご指名ください

マイカーの査定の申しこみをするときは、査定担当者の対応を見て感じをつかむことが大切です。

 

差し詰め、査定をするのは人間です。

 

その人の品性にもよりますが、感触を探ることで、部分的な査定額の動向を把握することができます。

 

仮に、審査のさい、担当者に真剣さを少しも感じられないような場合は、高値は期待できないでしょう。

 

そのような段階で、交渉を打ち切って、他のディーラーに変えた方がいいかもしれません。

 

フィーリングのよくない査定担当者に対して、いくら愛車のアピール要点を言い通してもそれが通ることは難しくなります。

 

査定士は玄人なので、アピールしなくても基本的に査定引上げのポイントは見逃しません。

 

最後を早めすぎてむちゃに成約すると、後で他のディーラーの査定額をみて後悔することになるので、感触がよろしくない時は、あっさり切り上げる方が安全です。

 

目利き担当者に対しては、多少ははアピールしてもいいのですが、あまりしつこすぎると反対に感じが悪くなるので、配慮しなければなりません。

 

査定担当者は早く契約を得たいと思っています。

 

なので、よい感触を得ていたとしても、入念に対応するのが不可欠です。

 

 

 

 

車買取や車査定で車を売る時には比較したいと思いませんか?このサイトでは効率的な方法を紹介しています。